白髪と栄養不足の関係

白髪と栄養不足

白髪は何をやってもどうせ治らない・・・と思っている方も多いでしょう。

 

白髪には様々な原因がありますが、その中には自らの意思やちょっとしたことで改善されるものもあるのをご存知でしょうか。

 

白髪の原因は毛根のメラノサイトという色素細胞の活動が弱くなることにあります。

 

メラノサイトは普段の食生活で栄養が不足してしまうと影響を受けてしまいます。

 

食生活の栄養バランスを整え、頭皮環境も健康に保ちたいものですね。

白髪を改善する栄養とは

白髪が増えてしまう原因のひとつに、頭皮環境の健康状態が関係します。

 

頭皮の健康状態が悪いと白髪も増えてしまいますが、一体どのような栄養を摂取すれば改善されるのでしょうか。

 

白髪を改善する栄養には次のものが挙げられます。

 

●コラーゲン
●ビタミンC
●ビタミンE
●マグネシウム
●タンパク質

 

コラーゲンは頭皮を健康な状態に改善するには重要な栄養素です。

 

しかし、体内で生成される量は年齢を重ねるごとに減少してしまいます。

 

減少をゆるやかにするには、原因となる活性酸素の働きを弱めることが第一です。

 

ビタミンCやビタミンEは活性酸素の働きを弱める効果があり、さらに日常の食生活で比較的取り入れやすい栄養素です。

 

野菜や果物を積極的に取り入れることで頭皮の健康状態が改善され、タンパク質は髪の健康に役立ちます。

 

このような栄養素を重点的に食生活から取り入れるように心がけるだけでも、白髪の改善につながるでしょう。

 

日常の食生活のバランスを見直し、良い食事を心がけましょう。