白髪の原因

白髪の原因とは

白髪が発生する原因は年齢の影響もありますが、それは人によって大きく個人差があるものです。

 

年をとると白髪が生える方がいる一方で、若々しく黒髪がフサフサしている方・薄毛の方など、年齢の影響は大きく差が出ているのが分かるでしょう。

 

白髪とは髪を黒く見せているメラニン色素が生成されていない状態のことをいいます。

 

メラニン色素を生成するメラノサイトという細胞の働きが悪くなることで、白髪になってしまいますが、どのような原因で悪くなるのかは解明されていません。

 

しかし、原因がひとつではないことまでは解明されています。

主な白髪の原因

いくつかの原因が重なることで発生する白髪ですが、主な原因は次の5点が挙げられます。

 

●ストレス
●遺伝
●加齢
●病気
●生活環境

 

特にストレスは大きな原因とされており、強い精神的ショックを受けた時には白髪が起こります。

 

強いショックやストレスを感じると身体の血行が悪化しますが、頭皮も例外ではありません。

 

頭皮は毛根や色素細胞の働きを阻害し、白髪だけではなく脱毛や薄毛などの症状としてもあらわれてくることがあります。

 

改善策としてはもちろんストレスを解消することが挙げられますが、白髪になってしまうほどのショッキングなストレスはよほどの対処法がない限りは改善されません。

 

対処法を探し出すのは難しいことですが、マイナスのことよりも自分にとって楽しく、プラスになることを見つけ出してストレスを解消しましょう。