白髪染めの種類

白髪が気になり始めたら・・・

白髪が気になり始めた方はまず、どうにか髪を染められないか考えるでしょう。

 

少し前までは白髪染めはあまり種類がなく、染めた部分と地毛の部分との境目がハッキリ分かってしまうものもありました。

 

最近ではいろいろな白髪染めアイテムが発売されており、カラーバリエーションもとても豊富になってきています。

 

また、白髪染めは女性だけではなく男性にも人気があります。

 

少しでも見た目を若く見せたいという気持ちは男女共通とも言えるかもしれませんね。

 

男性にも女性にも人気の白髪染めは実にさまざまな種類のものがあります。

 

白髪染めは白髪を手軽に隠すことができるので、とにかく見た目が気になる方には嬉しいアイテムです。

 

しかし、頭皮や毛根・髪の毛に悪影響を及ぼすものもあるのを忘れないでください。

 

頭皮に刺激が少なく、髪の毛をあまり傷めずに白髪染めができるアイテムを見つけましょう♪

白髪染めの種類

●カラーリング
カラーリングは髪を染める一般的な方法でしょう。
色が豊富なので自分の好きな髪色に染めることができます。
元の髪の色を分解した後、カラーリングの染料を髪に染み込ませる仕組みで、髪の内部までしっかりと染まります。
ただ、しっかりと染まる分だけ髪の毛が傷む可能性が高いというデメリットも。
染めるまでにケープやクシなどの道具が必要だったり、染めている最中のきついニオイが気になったりと、人によってはストレスを感じる方法かもしれません。

 

●ヘアマニキュア
カラーリングは手間がかかる一方、ヘアマニキュアは気になる部分に染料を塗るだけです。
しかし、長持ちしないというデメリットもあり、特に生え際はすぐに白髪が目立ってきてしまいます。
急いでいる時には便利でしょう。

 

●ヘアスプレー
ヘアマニキュアと同様に、手軽な一方で長持ちしないアイテム。
一時的に色をつけるだけなので、効果は持っても一日程度でしょう。
ヘアメイク感覚で気軽に使えるので、こちらも急いでいる時には便利ですね。

 

●白髪染めシャンプー・トリートメント
毎日のお風呂で手軽に使えるアイテム。
他の方法と比べ、なりたい色になるまでに時間がかかるものの、髪を傷めずに染めることができる商品もあり、安心・安全というメリットもあります。
徐々に自然な髪色になりたい方にオススメです。